おいしく味わい栄養を摂取

寒い日でもおいしい食べ方

グラノーラ

グラノーラは牛乳や豆乳そのほかヨーグルトをかけて一緒に食べるとおいしく味わうことができますが、冬の寒い季節となりますとそのような食べ方では体が冷えてしまい食べづらく感じることがあります。ましてや朝食でグラノーラを食べているのであれば朝の冷え込む時間帯に冷たい牛乳や豆乳などかけて食べるのは、体が冷えてかえって体に悪いこともあります。なので温めて食べる方法でグラノーラの栄養を摂取すると良いかもしれません。グラノーラは料理の食材としてでも使用することができます。たとえばカレーの具として入れて煮込んだりグラタンの具でも利用できますし、そのほかパンケーキやパウンドケーキの生地に混ぜ込んで焼いて食べるとおいしく味わうことができます。

いろんな種類

グラノーラはシリアルの一種でありますが、でもシリアルとは別に伝えられることもあります。グラノーラとシリアルの違いはどのようにあるのかといいますと、グラノーラはシロップなどで味をつけた穀物類をオーブンで焼いたものとドライフルーツなどを混ぜたものでして、販売しているメーカーによっては入っている材料もさまざまです。穀物類とドライフルーツだけを入れて販売しているものもあれば大豆を入れたさらにヘルシーなものも販売されていますし、ほかにもドライフルーツも大豆も入っていない穀物類だけ入れたものを販売しているものもあります。どれが良いのかは自分が食べやすいと感じるものを選んで食べると続けやすく摂取していくことができるようになります。